FC2ブログ

徒然ボンクラ日記

リニューアルしました!週末の競馬に加えて平日は不動産経営についてのノウハウなどもお伝えしていければと思っています。競馬だけ興味ある人は週末だけ、不動産に興味がある人は平日だけ、お立ち寄りいただければ情報は網羅できると思いますので引き続きよろしくお願いいたします!

ウマ女も燃える牝馬の祭典 ~ 2019年 オークス ~

先週から今週にかけては高速決着が続いている東京競馬場。
本日のオークスも高速決着になりそうな予感。
これまでに明らかになかった意外な一面なども見れるかもしれませんが、基本的には高速決着になると力通りの結果になることが多いので、そういった前提で進めたいと思います。

今日もお出掛けのため早速予想を。

◎ ③コントラチェック
〇 ⑫ウィクトーリア
▲ ⑬ラヴズオンリーユー
△ ⑦シャドウディーヴァ
△ ②クロノジェネシス
△ ⑧ダノンファンタジー
△ ⑪シゲルピンクダイヤ


本命はフラワーカップを稽古替わりの楽勝だったコントラチェック。天性の素質というよりは叩き上げでどんどん力をつけてきたといった印象で、陣営も無理をさせずにゆったりとしたローテーションでここまでやってきました。鞍上は来日以来たちまち日本競馬会を席巻しつつあるD.レーン。前走は逃げでしたが、逃げでないとダメな馬ではないため、出来ればマイペースで先行したいところ。実力的にはここもあっさり勝ててもおかしくないくらいの馬だと思っています。

対抗に少し捻ってフローラSの勝ち馬ウィクトーリア。しぶといといったイメージですが、外から一気に突き抜けた前走は強かったですし、その前の1800mでも中山であっさり突き抜けるなど、この馬も徐々に力をつけている印象。無敗馬のような派手さはありませんが、堅実な末脚が強みです。

あとは無敗馬で1番人気のラヴズオンリーユー、フローラSでイン突き2着のシャドウディーヴァ、桜花賞上位人気だったクロノジェネシス、ダノンファンタジー、そして今回も伏兵の域を出ないシゲルピンクダイヤまで。もう一頭買うならジョディですが、余裕あったら買いたいと思います。

馬券は馬連、馬単流しで③-⑫⑬⑦②⑧⑪6点、3連複フォーメーションで③-⑫⑬-⑫⑬⑦②⑧⑪9点。最近そこまで当てられていないので3連単は今日は買わないつもり。

2歳時から牡馬よりも牝馬の方が話題になっていましたが、ここでもそんなハイレベルな争いを見せて欲しいものです。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2019/05/19(日) 07:58:30|
  2. - GⅠレース予想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2歳最高峰の2頭がマイルで激突! ~ 2019年 NHKマイルC ~

今日の夜から明日のお昼にかけては嫁の実家にお世話になるため、この時点で予想をします。
明日のお天気はそこまで調べていませんが、今日の未勝利戦で1分33秒台が出る馬場であれば明日のGⅠは普通に1分32秒前半の決着となることは必至。

ましてや桜花賞を圧勝したグランアレグリアがオークスには見向きもせずここに的を絞って出てきましたので、この馬を中心に予想を考えるのは当然のことでしょう。同じく皐月賞後はダービーには向かわず、ここを目標にした最優秀2歳牡馬のアドマイヤマーズがいますので、例年以上にハイレベルな争いになる期待はあります。令和最初のGⅠは楽しみな一戦となりました。

あまりの高速決着で急に素質開花みたいな馬も過去に何頭かいるため、人気に囚われすぎず、慎重に馬券に絡む馬を見極めたいと思います。では予想を。

◎ ⑦グランアレグリア
〇 ⑭ハッピーアワー
▲ ⑧ヴァルディゼール
△ ③ダノンチェイサー
△ ⑯トオヤリトセイト
△ ⑰アドマイヤマーズ


本命は当然にグランアレグリア。前走の桜花賞はもはや説明不要の圧勝劇。オークスに行ったら買う派と買わない派に分かれるところだったと思いますが、距離延長と2冠はすっぱり諦めてここに歩を進めてきました。ここは2歳時のアルテミスSでも圧勝している舞台であり、それ以上のパフォーマンスを見せてくれるのは間違いないところでしょう。速くなれば押さえるだけですし、さすがに死角なしと見ました。

あとは少し人気落ちどころを狙い、同じ左回りで重賞勝ち馬のハッピーアワー、阪神は坂が堪えたか、少し伸びを欠いたものの、2戦目での重賞勝ちは伊達ではなく、ここでもう一度見直したいヴァルディゼールを対抗と単穴にしました。

あとは人気どころのダノンチェイサー、アドマイヤマーズなんですが、面白いのが末脚自慢のトオヤリトセイト。この辺は多分に3着候補ですが、狙ってみたいと思います。

馬券は馬連で⑦-⑭⑧2点と3連複フォーメーションで⑦-⑭⑧-⑭⑧③⑯⑰7点、3連単も同様の組み合わせで8点。
ここも圧勝劇が見たいです!


テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2019/05/04(土) 12:51:29|
  2. - GⅠレース予想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

大物不在?の古馬最高峰の戦い ~ 2019年 天皇賞・春 ~

GⅠ馬がフィエールマンただ1頭という、近年でもかなり珍しい事態が起きている天皇賞・春。
2番人気も1勝馬エタリオウ、3番人気がGⅢ1勝馬のユーキャンスマイル、そして4番人気が近走不振のクリンチャーと、これが古馬最高峰の「最も強い馬が勝つ」とまで言われた天皇賞かと思うと、寂しい気持ちになるのは仕方のないところ。シャケトラの急死(調教中の骨折で予後不良)も残念でなりません。

世界的にもステイヤーが廃れてきていること、ドバイと大阪杯を最大目標にする馬が増えてきたことで、このまま放置しておくと隙間的なGⅠになりかねない状況。特別優遇しろとまでは言いませんが、スタミナ血脈が途絶えてしまうのは日本の競走馬の良さを消してしまう気もしますので、秋にも長距離の目玉GⅠを設定する、春天と宝塚の連勝ボーナスを出す、世界的な名馬を招聘するなど、てこ入れをして欲しいと切に願うばかりです。

とまあ、堅い話はこれくらいにして、馬券としてはパンパンの高速馬場、混戦のメンバー、逃げ争いもそれなりに激化することが見込まれる、など、荒れる要素満載のGⅠということで、予想しがいのあるレースなのは間違いないところ。騎手の腕争いも見ものとなっているレースですので、そこは純粋に楽しみたいと思います。

では早速予想を。

◎ ⑩フィエールマン
〇 ⑬ロードヴァンドール
▲ ②エタリオウ
△ ⑤メイショウテッコン
△ ⑨ユーキャンスマイル
△ ⑫クリンチャー


実は菊花賞でも本命にしていたフィエールマンをここでも本命にします。レース自体のレベルには疑問符が付くことは前述のとおりですが、この馬が弱いとは一言も言っていません。このレースはまだディープインパクト産駒が勝っていないレースの一つではありますが、ディープインパクト自身は天皇賞を当時の世界レコードで圧勝しており、距離に全く問題はないこと、この馬もディープの良さである極限の切れ味を売りとしており、かつ父にはない折り合いの良さを菊花賞では見せてくれたことから、1ハロンの距離延長も問題にならないこと、そして何と言ってもこの春絶好調のルメールが手綱を取ること、が本命視の理由となります。

乱ペースになってもこの馬の折り合いとルメールの手綱さばきであれば平常心でしっかりと勝てるタイミングで抜け出してくるはず。人気なので馬券的な旨みはそれほどないですが、競馬界を盛り上げるスターはここにいるということをアピールして欲しい一戦です。

相手はミルコのエタリオウ、が本筋ではあるものの、さすがに馬券的に面白くないため、一石を投じ、ノリ鞍上のロードヴァンドールを対抗としました。ダイワメジャー産駒でこの距離持つのかという疑問もあるものの、現在の馬場状態とこれまでのレースぶりを見ている限りでは、そこは敢えて問う必要はないと判断しました。そもそも世界レコード更新できてしまうくらいの馬場状態ですので、むしろステイヤーすぎる馬の出番はないような気もしますし、昨日の青葉賞のように、ノリが行くと他の騎手が仕掛けづらい(遠慮+ペース配分の自信)というのも本人が上手く利用している節もあり、このレースも本馬が一番力を出せるペースを作り出すのは間違いないところ。阪神大賞典は最後力尽きましたが、高速馬場で止まらないようならばアッと言わせるシーンも…

あとは勝てないまでも毎回勝負圏内のミルコ騎乗のエタリオウ、武ではなくなってしまいましたが福永騎乗のメイショウテッコン、ステイヤーの資質は№1のユーキャンスマイル、そして昨年の3着馬クリンチャーまで。

馬券興味を考えると馬連手広くは得策ではないため、馬連は⑩-⑬②の2点、馬単で逆転狙いの⑬-⑩②、3連複フォーメーションの⑩-⑬②-⑬②⑤⑨⑫7点、3連単フォーメーションの⑩-⑬②-⑬②⑤⑨⑫8点と、夢馬券で3連単⑬流しで⑩②を相手の2点で勝負したいと思います。

最初の1,000mが1分を切るくらいの極限のレースに期待します。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2019/04/28(日) 08:07:22|
  2. - GⅠレース予想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GⅠ小休止でも熱い戦い ~ 2019年 フローラS ~

先週の皐月賞は本命はしっかりと勝ってくれたものの、ヴェロックスは最後まで買わなかったためハズレ。
せめて3連複の1頭には買い足すべきだったと反省しています。

さて、心を切り替えて本日のGⅡ2つ。マイラーズCは大阪杯をパスして間隔を取ってここに充ててきたダノンプレミアムの勝利は揺るがないものと思われるため予想は割愛し、1戦1勝馬が1番人気という何とも危ういフローラSの方が馬券的には面白いため、こちらを予想しようと思います。メンバー的にはGⅠの合間ということもあり、少し寂しい感じですが、ここをステップにして本番を勝った馬もいますし、2着くらいならば桜花賞組にも引けを取りませんので、本番の伏兵を探す意味でも注目すべき一戦です。

では早速予想を。

◎ ⑱フェアリーポルカ
〇 ⑰レオンドーロ
▲ ⑩セラピア
△ ⑫エアジーン
△ ③エトワール
△ ⑦アモレッタ


1番人気のセラピアは先ほど映像見て強いと感じましたが、このレース自体1番人気が不振なこと、いかにもオルフェーヴル産駒らしくお行儀が良さそうな馬でもない(笑)ことから、本命視せず、少し評価を落としました。代わって本命が大外枠は不利なものの、君子蘭賞を好時計勝ちしたフェアリーポルカ。前々走の敗戦は前述のヴェロックスが勝った若駒Sで、内の苦しいコース取りながら3着は確保、続く君子蘭賞では余力たっぷりに抜け出して快勝と、まだまだ底を見せていない印象を受けます。セラピアの大物感も要注目ですが、経験ある分こちらに分があると見ました。

対抗に穴でレオンドーロ。前走のひめさゆり賞は勝ち馬がスッと動いたときに置かれる格好となり、苦しい展開でしたが、最後はしぶとく迫って交わしたと思ったところがゴール。結果ハナ差の2着でしたが、勝ちに等しい内容。タイムも福島2000mでは速い方で、コース替わりも追走が楽になる分、間違いなくプラスになるはず。最近はビッグレットファーム直持ちの馬は同じグループのマイネル、ウインなどと比べても極端に活躍する馬は減っていますが、昔はコスモバルクなどもいたようにそろそろクラシックを沸かす馬が出てきてもいい頃でしょうか。こちらも大外枠ですが、それくらいのハンデを克服してくれないと今年の桜花賞組には到底敵いませんので、結果を残してくれることに期待します。

あとはミルコのエアジーン、そのエアジーンと好勝負のエトワール、こちらも1戦1勝のアモレッタまで。

人気も散らばっているので、少し手広く、馬連、馬単流しの⑱-⑰⑩⑫③⑦5点、3連複フォーメーションで⑱-⑰⑩-⑰⑩⑫③⑦7点、3連単も少し強気で⑱-⑰⑩-⑰⑩⑫③⑦8点。

午後は予定がありライブでは見れませんが、結果を楽しみにしたいと思います。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2019/04/21(日) 09:09:43|
  2. - GⅠ以外レース予想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私も馬も久々に打ち勝てるか?  ~ 2019年 皐月賞 ~

すっかりご無沙汰してしまいました。

学校行事やら仕事やらに忙殺されて馬券は何とか買えていたものの、ブログでの予想はすっかり途絶えてしまっていました。
まあ、見ている人も少ないので(´;ω;`) そんなに支障はないのかもしれませんが、これからもコツコツと続けていきたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします。

さて、本日の皐月賞。最大の焦点はホープフルS楽勝で今回も断然一番人気のサートゥルナーリアが力を発揮することができるかということですが、先週はグランアレグリアが朝日杯からの直行をものともせず完勝。予定通りの仕上げであれば、久々でも全く問題はないという回答を1週前にもらっているのは心強い限りです。

とはいえ、その朝日杯を完勝したアドマイヤマーズ、そのアドマイヤを年明け初戦の共同通信杯で負かした3戦3勝のダノンキングリー、他にもトライアルや前哨戦の勝ち馬などもおり、出馬表を見る限り、今年はかなりの好メンバーがそろった印象です。

では予想を。
一応加味している要素としては、
①現在の馬場は高速ではないもののそこまで極悪馬場でもない
②逃げるのはランスオブプラーナ、追ってアドマイヤジャスタだが、競り掛ける馬もおらずペースはスローからミドル
といった前提です。

最近前提自体が全然違っていたりするので、その場合は真逆の予想をした方が良いと思います(笑)

◎ ⑫サートゥルナーリア
〇 ⑤ランスオブプラーナ
▲ ①アドマイヤマーズ
△ ④ダノンキングリー
△ ③ファンタジスト
△ ⑪ラストドラフト


久々で断然人気と、コケたときのダメージは甚大ですが、それでもやっぱりサートゥルナーリア本命。ホープフルSを見て、この馬こそが最優秀2歳牡馬と思った人も多いはず。血統的には母シーザリオ、兄にエピファネイア、リオンディーズといえば説明は不要でしょう。この馬の場合、父がロードカナロアで距離が不安視される要素でもありますが、現に暮れで勝っているのがこの条件で、馬場状態もそれほど乖離していないことから、成長分などを加味しても最低でも前走以上のパフォーマンスは発揮可能。また、アーモンドアイがJCでも結果を残しているように、ロードカナロア産駒は母親の距離適性をそのまま生かせるタイプとみており、菊花賞を勝った兄がいることを考えても、折り合いさえつけばダービーも十分克服可能と見ています(兄は掛かったままJC勝ってましたが)。

対抗に一捻りして毎日杯をあれよの逃げ切りだったランスオブプラーナ。止まりそうで止まらなかった前走を見る限り、今回も距離は大丈夫だと思いますし、展開的にもアドマイヤマーズが後ろにいて、可愛がってくれると思われるので、ペース以上に楽逃げの可能性もあり、同じような展開で粘りこむことも十分考えられます。あくまでもサートゥルナーリアが勝つ前提ですが、2、3着候補としては他の人気どころを狙うよりも面白いと考えてこの評価にしました。

あとは当然実力馬のアドマイヤマース、ダノンキングリー。どちらを上に取るかで悩むところですが、馬場と展開を考えてアドマイヤを上位にしました。ダービーでは評価を逆転させる予定です。あとはトライアル組がなんだかんだで上位に来るので、スプリングSからは2着のファンタジスト、弥生賞からは馬場状態があまりに違うので、そこで人気を裏切ったラストドラフトの巻き返しに期待。

馬券は馬連流しで⑫-⑤①④③⑪5点、3連複2頭軸で⑫⑤-①④③⑪4点。3連単は色々考えてしまいますが、フォーメーションで⑫-⑤①-⑤①④③⑪8点。

他にも気になる馬がいるのでパドック次第では3連複のヒモで追加することも検討しますが、現時点ではここまでとします。
先週は仕事で見れませんでしたが、今日はテレビにかじりついて見れそうなので(笑)、楽しみたいと思います。







テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2019/04/14(日) 08:37:48|
  2. - GⅠレース予想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ようこそボンクラ仲間よ!

あなたを含めた訪問者数

何でもいいので足跡残してもらえると嬉しいです。

プロフィール

topgun1230

Author:topgun1230
競馬は20年来の趣味で、2013年までは一口馬主もやってました。その他、マンガ好き、ゲーム好きの典型的なボンクラです。これまで、競馬予想がメインでしたが、脱サラ目指す不動産投資家ブログとしても活用することにしました。少しでも内容充実させていければと思っていますので長い目で見てやって下さい。

<付随データ>
関心事:不動産投資、競馬(予想、ゲーム)、フットサル、歴史物
好きな本:影武者徳川家康(隆慶一郎)、3週間で人生を変える法(トニー野中)
尊敬する偉人:上杉謙信、孫策伯符
好きな言葉 :豪快(本人至って小心)

カテゴリ

不動産経営 (38)
- はじめに (5)
- マインド (7)
- 私の不動産事業 (4)
- 知識編 (18)
- 実践編 (4)
競馬 (450)
- GⅠレース予想 (109)
- GⅠ以外レース予想 (301)
- レース回顧 (13)
- 年間成績振り返り (11)
- 一口馬主 (13)
- 私の愛した名馬たち (3)
その他 (23)
- ゲーム関係 (4)
- マンガ・アニメ関係 (4)

最新記事

今年の成績(2019年)

自分でも後で振り返るのが大変なので、その年の予想結果について戦績を残すようにしています。2レース予想の場合は2戦とカウントしてます。


(2019年2月10日終了時点)
4戦1勝3敗0分
回収率(実際の回収率)
⇒予想以外のレース含む
142.7%(金額は内緒…)

本命勝率  25.0%
    (4戦中1勝)
本命連対率25.0%
    (4戦中1回)
本命複勝率50.0%
    (4戦中2回)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

気が向いたらポチっと…

ここ押してもらえるとランキング上がるみたいです。応援よろしくお願いします m(_ _)m

FC2Blog Ranking

リンク(よく使うサイト)

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

ランキングの状況

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1981位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
不動産投資・REIT
86位
アクセスランキングを見る>>

最新トラックバック

注目!

欲しいものはここで検索!

RSSリンクの表示

QRコード

QR

男性と出会う