FC2ブログ

徒然ボンクラ日記

リニューアルしました!週末の競馬に加えて平日は不動産経営についてのノウハウなどもお伝えしていければと思っています。競馬だけ興味ある人は週末だけ、不動産に興味がある人は平日だけ、お立ち寄りいただければ情報は網羅できると思いますので引き続きよろしくお願いいたします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クラシック直結の裏トライアル ~ 2019年 共同通信杯 ~

昨日は雪のため東京競馬場はお休み。明日に振替開催とのことで、JRAとしては月曜日が祭日でよかったということでしょうか。
とはいえ、明日もお天気はいまいちということでお客さんもどれくらい集まるのか心配なところではあります。

とまあ、人の心配よりもまずは自分の心配。全然当たらず、ここまでトリガミがちょろちょろで、年初から着実に右肩下がり…
そろそろバシッと当ててV字回復を果たしたいものです。

以前はここを強い勝ち方しても皐月賞には繋がらないといったジンクスもあった共同通信杯ですが、ゴールドシップがそのジンクスを破ってから流れは一気に変わりました。その後、イスラボニータやディーマジェスティなどの直行皐月賞馬や、ドゥラメンテ(ただし、ここは2着)も2冠を制しており、すっかり皐月賞の重要ステップレースへと変貌を遂げています。

なので、まだまだ時間もトライアルレースも多いですが、ここである程度今年のクラシック第一弾の勝ち馬が見えてくるかもしれない一戦ともいえるため、注目度は高いです。

その点、踏まえて予想を。

◎ ①ダノンキングリー
〇 ⑥クラージュゲリエ
▲ ④アドマイヤマーズ
△ ⑤フォッサマグナ
△ ⑦ゲバラ


この先のクラシックを見据え、皐月賞、ダービーで印を打つ馬といいう観点からディープインパクト産駒のダノンキングリーを本命に。アドマイヤマーズ、フォッサマグナなどは仕上がり早く確実にここでも走るとは思っていますが、やはりその先となると、NHKマイルに向かう可能性も十分考えられ、クラシックの登竜門という位置づけでこのレースを見た場合、必然的に血統重視となります。ダノン自体もマイルまでしか経験ありませんが、前走も不利な中山大外枠を克服しての楽勝でしたし、母父ストームキャットはキズナでもおなじみで、ダービーくらいまでは何とかなると考えられることから、ここでしっかり結果を残してくれると考えました。

相手は当然に無敗のアドマイヤマーズ、そして新馬戦で高い素質を見せたフォッサマグナあたりですが、クラージュゲリエも一戦ごとの成長は著しく、この先は楽しみな馬だと思っています。ここで印終わっても良かったんですが、同じくディープ産駒のゲバラも気になるところなので、一応押さえで。

馬券は小頭数なのでオッズの魔法に期待して、枠連流しで①-⑥④⑤⑦4点、馬単1点で①-⑥、3連複軸で①-⑥④⑤⑦6点、3連単1、2着流しの①-⑥-④⑤⑦3点。

ここを当ててフェブラリーSを万全の態勢で臨みたいですね!

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2019/02/10(日) 10:47:54|
  2. - GⅠ以外レース予想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この道は春のGⅠに繋がるか? ~ 2019年 東京新聞杯 ~

平日更新なかなかできていなくてすみません。
ようやく仕事も少し落ち着いてきましたので、いい加減、その習慣を作るようにしたいと思います。

週末版は相変わらずですので、今日も更新します(明日も朝早いので、先取りです)。
きさらぎ賞も考えたのですが、馬券的にはこちらの方が面白そうだったので。
超良血馬レイエンダがここに参戦というのは正直驚きですが、それくらいなりふり構わぬ賞金加算を狙っているということの意気込みなんだと理解しています(なんと藤沢厩舎は3頭出し!しかも全部人気どころ)。

そういうのも考慮しつつ、予想を展開します。

◎ ①サトノアレス
〇 ⑤タワーオブロンドン
▲ ⑧ロードクエスト
△ ⑮レイエンダ
△ ②インディチャンプ


東京だと別馬のように走るサトノアレスを前走度外視で本命に。東京のこの条件で崩れたのは道悪の富士Sのみで、それ以外は安田記念でも4着、GⅡ以下なら普通に馬券圏内には来ており、連軸としては最適な馬です。勝ち切れるかというと微妙なところもありますが、この人気であれば頭から狙っていきたいです。

対抗に同じく藤沢厩舎の人気どころタワーオブロンドン。こちらはコース云々というよりも生粋のマイラーといったところで、スタミナを問われる苦しい流れでは正直どうかなというところはあるものの、GⅢくらいの緩い流れであれば末脚一閃で十分上位に食い込んでくることは可能と思っています。今回はルメールを配して万全の体制。ここをしっかりと勝って安田記念でも有力候補に躍り出るかに期待です。

あとはやはり東京マイルは得意で、いつ走るかわからないロードクエスト、そして本質的には兄同様、中距離がベストと思っているので本命にはしなかったものの、マイルで新境地を見せる可能性のある素質一級品のレイエンダ、そして人気のインディチャンプまで。

馬券は馬連、馬単流しで、①-⑤⑧⑮②4点ずつ、3連複1頭軸で①-⑤⑧⑮②6点。3連単はパドックの状況次第で考えます。

1月は結局全くダメでしたが、いい加減浮上のきっかけを掴みたいところです。


テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2019/02/03(日) 01:27:09|
  2. - GⅠ以外レース予想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

砂の王者に変動はあるか? ~ 2019年 根岸S ~

仕事がバタバタでなかなか落ち着いて競馬予想もできていないのが現状ですが、今週こそ当てたいと思います。
今週はフェブラリーS前哨戦の根岸S。芝のGⅠ馬ケイアイノーテックの参戦などもあり、面白い顔ぶれとなりました。
人気は府中のこの近辺の距離にめっぽう強いサンライズノヴァとなっていますが、これらと好勝負している馬も多いので、人気通りとなるかはやってみないと分からなそうですね。

では早速印を。

◎ ⑯マテラスカイ
〇 ⑮キタサンミカヅキ 
▲ ⑫サンライズノヴァ
△ ⑪コパノキッキング
△ ②ユラノト


この距離のスペシャリスト、そして今年は新春から一味違う武豊のマテラスカイが本命。典型的なワンペース型の馬で、千二、千六よりも千四、千八がいかにもドンピシャのタイプ。とにかく武器は圧倒的なスピードですので、地方の砂はどちらかというと合わない印象。今回は比較的時計の出やすい府中ですし、もまれてよいタイプでもないため、この大外枠は大歓迎のクチです。正直、次のフェブラリーSで好勝負…というイメージはないですが、ここがメイチ勝負と見ました。残り1ハロンまでで3馬身のリードで押し切る姿に期待。

対抗にそのマテラスカイに何度も先着している地方馬のキタサンミカヅキ。この馬は大井ではほぼ無敵状態で、昨年秋は高速決着に対応できるか未知数だった京都のJBCスプリントでも馬券圏内に入る大活躍。そして年が明けての中山でも好勝負。京都、中山よりもスタートしてから直線が長い付中の方が合いそうで、人気ほどの力差はないと思っています。この馬もどちらかといえば千六というタイプではありませんが、ここでいい競馬を見せられれば次も急浮上の可能性も否定できません。

あとは人気でも外せないサンライズノヴァ、3連勝と勢いに乗るコパノキッキング、5歳でもまだまだ上積みが見込めるユラノトまで。

馬券は馬連流しで、⑯-⑮⑫⑪②4点と、縦目の⑮⑫、3連複フォーメーションで⑯-⑮⑫-⑮⑫⑪②5点、3連単フォーメーションで⑯⑮-⑯⑮-⑫⑪②6点とサンライズ1着の場合の⑫-⑯⑮-⑯⑮2点。

きっかけそろそろつかみたいです(笑)

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2019/01/27(日) 11:55:10|
  2. - GⅠ以外レース予想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっとこさの今年初予想 ~ 2019年 AJCC ~

先週日曜が仕事だったので予想はUP出来ていませんでした。
昨日も仕事でしたが、今日は久しぶりに日曜休みなので、気合入れて予想したいと思います。

とはいえ、そうそう予想のスタンスが変わるものでもなく、相変わらずの勝ったり負けたりで趣味の域を出ないので、私の予想そのものに乗っかるというよりも、そんな考え方もあるんだな~くらいの気持ちで何かの参考になれれば幸いです。

よくこうすれば勝てるとか、このとおり買えとか、有料サイトなども世の中溢れていますが、予想というのが競馬の楽しみの大きな一つである以上は、それを取ったらただの投資や投機になってしまうので、詰まらなくなってしまうと思います。
もちろん、勝っている人の予想の組み立て方とか、自分が好きな新聞記者の予想を参考にするというのは普通にやっていることとは思いますが、すべて推奨どおりというのもやはり味気ないので、今後もこのスタンスは変わらないと思っています。
投資(株とか不動産とか)は別のところで勉強して確実に資産を増やせるようにしたいと思っています。

さて、話は戻り今日のAJCC。いつもなら今年こそGⅠ獲るぞって馬が出てくる登竜門のレースなのですが、今年は何と菊花賞馬のフィエールマンがここから始動します。どんなレースを見せてくれるかということと、今後どんなローテーションを組んでいくのかが見どころとなりそうです。ジェネラーレウーノやダンビュライトなどはまさに例年どおりのメンバーといったところで、その他は有馬記念で負けてしまった重賞勝ち馬や、秋のGⅡあたりからの直行組などがいる、荒れる予想もなくはないといった陣容です。

では印を。

◎ ①ジェネラーレウーノ
〇 ④フィエールマン
▲ ⑤ダンビュライト
△ ⑪サクラアンプルール
△ ⑩メートルダール


中山芝4戦3勝3着1回のジェネラーレウーノが本命。鞍上田辺もこの条件は滅法得意としていて、この馬自身のGⅡ勝ちもそうですが、ちょっと前はヴェルデグリーンなど、オールカマーやこのレースを勝った中山外回りのスペシャリスト。フィエールマンのルメールはもちろん強敵ですが、主導権を握ってある程度持久力勝負に持ち込めれば早めの仕掛けからスタミナと粘りで勝ち切ることも可能と見ました。人気でもあり馬連だとそれほどつかないので、頭から狙います。

対抗はもちろん菊花賞馬フィエールマン。菊花賞もそうでしたがいかにも切れるディープ産駒といった末脚が特徴で、裏を返せばスタミナ勝負、持久力勝負はそれほど得意ではないと見ています。とはいえ、今年初戦という馬も多いGⅡですので、ペースも思ったほど早くならない可能性もあり、そうなったらこの馬の独壇場というシーンも。個人的にはジェネラーレが厳しいレースに持ち込んで、その中でどういったレースをしてくれるかといったレースを期待しているので、そこで勝ち切るようならば今年の展望は明るいと思います。逆転も当然あるという評価。

あとは勝ち切るまでは至らないが、昨年のこのレースの勝ち馬であり、同じく中山4戦して1勝3着3回というダンビュライトが単穴。詰めが甘いのがタマにキズですが、どんな相手でも崩れないのが強みといえば強みで、今回も馬券圏内はしっかり確保すると見ました。残りは人気通りになってしまいますが、有馬もそこまで負けていないサクラアンプルール、2歳時から期待され続けてここまでくすぶってきたメートルダールまで。

買い方ですが、馬連はあまりにもつかないので、馬単で①-④⑤⑪⑩4点と、3連複は①⑤二頭軸にして①⑤-④⑪⑩3点、3連単フォーメーションで①④-①④-⑤⑪⑩6点と万万が一の⑤-①④-①④2点。

予想はUPしていないものの馬券は買っていてまだ今年未勝利なので、そろそろ当てたいですね(笑)

続きを読む

テーマ:競馬情報 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2019/01/20(日) 11:19:18|
  2. - GⅠ以外レース予想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2018年振り返り

昨年は大変お世話になりました!

競馬のみならず、昨年からは不動産のテーマも立ち上げたりして、少し戸惑わせてしまった方もいらっしゃるかもしれませんが、今年もこのスタイルでやっていこうと思っていますのでよろしくお願いいたします。

さて、ここでは競馬の振り返りを。すでに金杯も終わってしまったので、新年度の競馬もスタートしていますが、自分自身の備忘にもなりますので、残しておきたいと思います。

2017年は黒字(といってもギリギリ)で終えたにもかかわらず、昨年は一度も浮上する機会もないままに赤字で終わってしまいました。
無駄な投資をしないというのは2017年から板にはついてきましたが、まだまだ惰性で買っているレースも多々あり、引き続き反省材料ではあります。

さらに、特に顕著だったのが本命にした馬の勝率が特に輪をかけて低かったこと。12%弱というのは8回に1回も勝たないということで、本命サイドもそこそこ本命にしていたにもかかわらずこの数値は散々といっていいものです。ルメールの勝率が27%ということもあり、2019年はそれくらいは目指したいものです。

逆に後半頑張りを見せたのは、本命が勝てないということを意識してからの馬連Boxなど。流し馬券ですと本命が来ないことで外れるケースが多いですが、Boxなら縦目で拾ってくれることもあり、それが後半の回収率回復に役立ちました。上記の通りまずはしっかりと勝つ馬を見極めたうえで、それがだめなら次善の策をしっかりと練れるようにしたいと思います。

そんなこんなで本厄を乗り切り、後厄ではありますが、ここからは上昇するのみとなる?今年こそしっかりと回収していきたいと思いますので、改めてよろしくお願いいたします<(_ _)>

なお、JRA賞は少なくとも年度代表馬ははっきりしていて予想もそれほど面白味があるとも思えませんので、コメントなしで予想だけ載せておきます。
(2018年度成績の次に載せておきます)

~ 2018年度成績 ~
34戦6勝28敗0分
回収率(実際の回収率)
⇒予想以外のレース含む
82.2%(金額は内緒…)
本命勝率  11.8%(34戦中4勝)
本命連対率29.4%(34戦中10回)
本命複勝率44.1%(34戦中15回)


~ JRA賞予想 ~
年度代表馬        アーモンドアイ
最優秀2歳牡馬     アドマイヤマーズ
最優秀2歳牝馬     ダノンファンタジー
最優秀3歳牡馬     ブラストワンピース
最優秀3歳牝馬     アーモンドアイ
最優秀4歳以上牡馬  レイデオロ(or該当なし)  
最優秀4歳以上牝馬  リスグラシュー(or該当なし)
最優秀短距離馬     ファインニードル
最優秀ダート馬     ルヴァンスレーヴ
最優秀障害馬      オジュウチョウサン


今年は4歳馬の天下になりそうな気配ですね。
それでは今年もよろしくお願いいたします。

テーマ:競馬情報 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2019/01/05(土) 22:08:40|
  2. - 年間成績振り返り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ようこそボンクラ仲間よ!

あなたを含めた訪問者数

何でもいいので足跡残してもらえると嬉しいです。

プロフィール

topgun1230

Author:topgun1230
競馬は20年来の趣味で、2013年までは一口馬主もやってました。その他、マンガ好き、ゲーム好きの典型的なボンクラです。これまで、競馬予想がメインでしたが、脱サラ目指す不動産投資家ブログとしても活用することにしました。少しでも内容充実させていければと思っていますので長い目で見てやって下さい。

<付随データ>
関心事:不動産投資、競馬(予想、ゲーム)、フットサル、歴史物
好きな本:影武者徳川家康(隆慶一郎)、3週間で人生を変える法(トニー野中)
尊敬する偉人:上杉謙信、孫策伯符
好きな言葉 :豪快(本人至って小心)

カテゴリ

不動産経営 (38)
- はじめに (5)
- マインド (7)
- 私の不動産事業 (4)
- 知識編 (18)
- 実践編 (4)
競馬 (445)
- GⅠレース予想 (105)
- GⅠ以外レース予想 (300)
- レース回顧 (13)
- 年間成績振り返り (11)
- 一口馬主 (13)
- 私の愛した名馬たち (3)
その他 (23)
- ゲーム関係 (4)
- マンガ・アニメ関係 (4)

最新記事

今年の成績(2019年)

自分でも後で振り返るのが大変なので、その年の予想結果について戦績を残すようにしています。2レース予想の場合は2戦とカウントしてます。


(2019年2月10日終了時点)
4戦1勝3敗0分
回収率(実際の回収率)
⇒予想以外のレース含む
142.7%(金額は内緒…)

本命勝率  25.0%
    (4戦中1勝)
本命連対率25.0%
    (4戦中1回)
本命複勝率50.0%
    (4戦中2回)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

気が向いたらポチっと…

ここ押してもらえるとランキング上がるみたいです。応援よろしくお願いします m(_ _)m

FC2Blog Ranking

リンク(よく使うサイト)

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

ランキングの状況

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2253位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
不動産投資・REIT
104位
アクセスランキングを見る>>

最新トラックバック

注目!

欲しいものはここで検索!

RSSリンクの表示

QRコード

QR

男性と出会う
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。