FC2ブログ

徒然ボンクラ日記

リニューアルしました!週末の競馬に加えて平日は不動産経営についてのノウハウなどもお伝えしていければと思っています。競馬だけ興味ある人は週末だけ、不動産に興味がある人は平日だけ、お立ち寄りいただければ情報は網羅できると思いますので引き続きよろしくお願いいたします!

最後の祭りは響き渡るか? ~ 2017年 有馬記念 ~

いよいよフィナーレ有馬記念。
といっても今年はなぜか12/28にホープフルSがあるなど、中央競馬の締めくくりとはならない点に少し違和感を覚えます。
GⅠ競走を増やすのは売上増加につながるので悪いこととは思いませんが、そこまでディープじゃない一般の競馬ファンからすれば有馬記念で今年の締めくくりというのはもはや風物詩だと思うので、であれば金杯の日に今年最初のGⅠとして実施するなど、話題性のある変更をして欲しいものですね。
まあ、私のような毎週やっている人間からすれば極端な話有馬記念もたくさんあるレースのうちの一つに過ぎないのでそんなに影響はないのですが、28日はまだ出勤なので馬券を買えるかわからないのが微妙なところですね…

さて、前置きはこのくらいにして有馬記念。
前述の通り特別な要素は何もなく、いつも通り馬場状態と馬の状態、展開などを加味して予想します。とはいえ、特に意識したいのが馬の状態。人気投票で上位の馬が出走したはいいものの惨敗することもあれば、究極仕上げで引退式を前に一番強いレースをすることもあるなど、ここばかりは有馬記念という特殊なレースの特徴といえそうです。
まずは馬場状態ですが、良馬場とはいえ1年の傷みが蓄積されているのか、昨日のレースの最速上りは34秒前半といったところ。パンパンの良馬場というよりは、走りやすいけどタフさは要求される馬場で、スタミナやパワーに不安ある馬は厳しいかもしれません。
次に馬の状態。いうまでもなくここまでGⅠシリーズを戦ってきた馬達にしてみれば、いかにここまで余力を残してきたのか、またはここをピークに持ってこれたか、が問われます。この意味では天皇賞を勝ってその後JCを負けた馬が巻き返した例を思い浮かべることが困難で、シンボリクリスエスが過去成し遂げたことがあるくらいでしょうか。キタサンブラックには厳しいデータと言えそうです。また、いずれも負けている馬が有馬でリベンジというのもまた難しいといえそうで、やはり中心はこの2戦からと、完全別路線で余力を残してきた馬達ということになりそうです。
そして展開。キタサンのラストランということもあり、武豊の行く道を堂々と阻むことは日本人ではまずありえなく、外国人騎手も乗っている馬の特性を考えればキタサンに競りかけられる馬はおらず、ペースとしてはおそらくJC同様、キタサンのマイペース(=Mペース)。
となればより一層馬の力がはっきり出るレースで、馬の実力と出来がストレートに問われる一戦となりそうです。
では予想を。

◎ ⑭スワーヴリチャード
〇 ⑩シュヴァルグラン
▲ ⑬ミッキークイーン
△ ②キタサンブラック
△ ⑯サウンズオブアース
△ ⑧レインボーライン
△ ⑨サクラアンプルール


本命はフレッシュかつ成長中の3歳馬スワーヴリチャード。春のダービーはレイデオロと接戦の2着でしたが、この後菊花賞ではなく、JCでもなくアルゼンチン共和国杯を使うという、いわばここを勝てなければ有馬は使わないという割り切りローテ。それだけ来年のこの馬の活躍を期待しているとも思われますが、馬はその期待に応えしっかりアルゼンチンを快勝。春も3戦、秋もこれが3戦という馬本位のゆったりしたローテは好感が持てます。皐月賞で見せた右回りのもたつきがどこまで解消されるかというのが課題ですが、雄大な馬格と大きなフットワーク、そして晩成傾向のハーツクライ産駒と期待は大きな馬。ここでキタサンにしっかり勝って世代交代の波を世間に知らしめて欲しいものです。

対抗にこちらも余力残しのローテできたシュヴァルグラン。ご存じの通り究極の極悪馬場となった天皇賞・秋をパスできたのは結果的に大きく、キタサンの落鉄もあったとはいえ、狙いを定めたJCでは見事GⅠ初制覇。JCがメイチだったのは確かだと思いますが、そこまでの消耗戦にならなかったのもこの馬には幸いしていそうです。宝塚の凡走を入れてもキタサンにはこれで2戦連続先着中。最後もしっかり先着を果たし、来年はいよいよ海外も見えてくるか。

単穴はこれも秋3戦目とフレッシュな状態のミッキークイーン。いつも一歩足りないのは運なのか決め手なのか、それでも素質はやはり上位で、昨年の宝塚記念のマリアライトのような牡馬をなで斬りというシーンも十分考えられる馬。パワーの要る馬場も苦にしないので、キタサンを追い駆ける馬達を尻目に一か八かの奇襲でもやって欲しいもの。ここでも十分通用すると判断。

あとは疲れもあるもののやはり現役№1は揺らがないキタサンブラック、人気薄でもこの条件は激走も考えられるサウンズオブアース、あとは意外性のある馬達?の代表格レインボーラインサクラアンプルール。キタサンが残る展開であればサトノクラウンはそれ以上には来ないとみてバッサリ切り捨て。

馬券は馬連・馬単で⑭-⑩⑬②⑯⑧⑨6点ずつ、3連複フォーメーションで⑭-⑩⑬-⑩⑬②⑯⑧⑨9点、3連単フォーメーションで⑭-⑩⑬-⑩⑬②⑯⑧⑨10点。有馬の特別枠ということで馬連か馬単の本線はちょっと強弱付けようかと思います。

それでは皆さん悔いのないレースを期待しましょう!

PS.ホープフルSは余力があれば更新、東京大賞典はおそらく更新します。まだまだ今年は終わりませんので(笑)よろしくお願いいたします!

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2017/12/24(日) 10:29:04|
  2. - GⅠレース予想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【番外編】終わり良ければすべて良し? ~ 2017年 東京大賞典 ~ | ホーム | そろそろ慣れたい阪神の朝日杯 ~ 2017年 朝日杯FS ~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://topgun1230.blog.fc2.com/tb.php/437-15e4112c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ようこそボンクラ仲間よ!

あなたを含めた訪問者数

何でもいいので足跡残してもらえると嬉しいです。

プロフィール

topgun1230

Author:topgun1230
競馬は20年来の趣味で、2013年までは一口馬主もやってました。その他、マンガ好き、ゲーム好きの典型的なボンクラです。これまで、競馬予想がメインでしたが、脱サラ目指す不動産投資家ブログとしても活用することにしました。少しでも内容充実させていければと思っていますので長い目で見てやって下さい。

<付随データ>
関心事:不動産投資、競馬(予想、ゲーム)、フットサル、歴史物
好きな本:影武者徳川家康(隆慶一郎)、3週間で人生を変える法(トニー野中)
尊敬する偉人:上杉謙信、孫策伯符
好きな言葉 :豪快(本人至って小心)

カテゴリ

不動産経営 (37)
- はじめに (5)
- マインド (6)
- 私の不動産事業 (4)
- 知識編 (18)
- 実践編 (4)
競馬 (433)
- GⅠレース予想 (98)
- GⅠ以外レース予想 (296)
- レース回顧 (13)
- 年間成績振り返り (10)
- 一口馬主 (13)
- 私の愛した名馬たち (3)
その他 (23)
- ゲーム関係 (4)
- マンガ・アニメ関係 (4)

最新記事

今年の成績(2018年)

自分でも後で振り返るのが大変なので、その年の予想結果について戦績を残すようにしています。2レース予想の場合は2戦とカウントしてます。


(2018年7月22日終了時点)
24戦3勝21敗0分
回収率(実際の回収率)
⇒予想以外のレース含む
74.70%(金額は内緒…)

本命勝率  8.3%
    (24戦中2勝)
本命連対率20.8%
    (24戦中5回)
本命複勝率33.3%
    (24戦中8回)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

気が向いたらポチっと…

ここ押してもらえるとランキング上がるみたいです。応援よろしくお願いします m(_ _)m

FC2Blog Ranking

リンク(よく使うサイト)

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

アクセスランキング

ランキングの状況

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
979位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
不動産投資・REIT
41位
アクセスランキングを見る>>

最新トラックバック

注目!

欲しいものはここで検索!

RSSリンクの表示

QRコード

QR

男性と出会う